脱毛エステサロンに通う前に注意したい6つのポイント

銀座カラー料金

サロンでトラブルなく脱毛するために注意することとは?

 

サロンでトラブルなく脱毛するために注意することとは?に関して詳しく説明している画像

 

1.サロンに通う前に注意したい日焼けや飲酒など6つのポイント

 

脱毛エステサロンではムダ毛の黒い色素に反応し、反応があった場所に光を照射していく『フラッシュ脱毛』という脱毛方法が一般的です。しかし、このフラッシュ脱毛もいくつかの点に注意しないと脱毛効果が下がってしまったり、肌に必要以上のダメージを与えてしまい、思わぬ肌トラブルなどを引き起こす場合があります。

 

そこで、ここではそのようなことにならないよう、脱毛前に注意したい6つのポイントについて説明していくので、これからサロンに通う人はもちろん、通っている人も確認のためにしっかりと読んで理解してくださいね。

 

 

 

1-1.日焼けに注意

 

 

『日焼け=火傷』という認識を持ちましょう。

 

日焼けで肌が赤くなってヒリヒリしたり、皮膚がめくれてしまった経験は誰にもきっとあるでしょう。しかし少し大げさかもしれませんが、それらは『火傷』で、立派な肌トラブルです。フラッシュ脱毛では肌に少なからずダメージを与えているので、日焼けですでにダメージを受けているときには脱毛できません。

 

また冒頭にフラッシュ脱毛は黒い部分に反応すると言いまいたが、日焼けした黒い肌にも脱毛器は反応してしまいます。そのためムダ毛のない部分に何度も照射してしまうと火傷などの危険性があるので、日焼けの程度によっては脱毛を断られる場合があります。

 

日焼けした肌は火傷の可能性があるので脱毛できない場合があります!

 

 

 

1-2.体温の上昇に注意

 

 

汗をかくことにも注意しましょう。

 

体温が上がると血行がよくなり、肌が赤くなります。この状態では肌が敏感になっているので、このままサロンで脱毛すると肌荒れ、火傷などがおきてしまうことがあります。そのためサロンに行く前には体温が上がりやすい飲酒、長めの入浴、運動は避けましょう。

 

また体温が上がると人は汗をかきます。この汗に含まれている皮脂などが毛穴につまるとフラッシュ脱毛の光が毛穴の奥まで届きにくくなってしまい、脱毛効果が下がってしまうので注意しましょう。

 

シャワー以外の入浴、飲酒、運動などは肌トラブルや脱毛効果を下げる原因です!

 

 

 

1-3.薬や化粧に注意

 

 

香水、制汗剤なども肌トラブルなどの原因になります。

 

塗り薬、化粧など、肌に直接つけるものは毛穴をつまらせたり、フラッシュ脱毛の光をより吸収しやすくさせるので、脱毛効果が下がるだけでなく、肌荒れや火傷といった肌トラブルがおきやすくなってしまいます。

 

また飲み薬でも『痛み止め』のようなものでは肌の感覚を鈍らせてしまうので、脱毛中に何らかのトラブルがあったときも痛みを感じることなく施術されてしまう危険性があります。そのため薬を飲んできたときには施術前に確認が必要で、場合によっては施術でいきない場合もあります。

 

服用している薬によっては施術ができない場合があるので注意しましょう!

 

 

 

1-4.生理に注意

 

 

生理中はホルモンバランスが崩れています。

 

生理中はホルモンバランスが崩れているせいで肌が敏感になています。そのため、生理中は脱毛の刺激によって肌トラブルがおきやすいので、サロンによっては脱毛できないところもあります。

 

また妊娠も同様にホルモンバランスが通常とは違うので、全てのサロンで脱毛ができません。サロンに通っている期間内に妊娠した場合にはすぐにそのことをサロンに報告して脱毛を休止する必要があります。妊娠後は生理が戻り次第脱毛を再開できるサロンがほとんどです。

 

ホルモンバランスが崩れていると脱毛による肌トラブルがおきやすくなります!

 

 

 

1-5.予防接種に注意

 

 

予防接種の効果が無くなったり、肌が腫れたりします。

 

予防接種というのは体内にインフルエンザウイルスなどを注射して、あらかじめ体内で抵抗力をつけておくことを目的としています。しかし予防接種を受けた後にフラッシュ脱毛の光を当ててしまうと、抗体が上手くつくられない場合があります。

 

また予防接種では体温が上がってしまうと注射した部分が腫れるなどの炎症がおこってしまう場合があります。フラッシュ脱毛では光を当てた部分には熱がこもりやすいので、こうしたトラブルがおきやすくなってしまいます。

 

予防接種をした部分を脱毛すると炎症がおきやすくなってしまいます!

 

 

 

1-6.自己処理に注意

 

 

自己処理で肌を傷つけてしまうと肌トラブルの原因になります。

 

サロンで脱毛するときはムダ毛が伸びすぎていると脱毛効果が下がってしまうので、予約前日などにムダ毛を剃っておく必要があります。しかし、そのときに肌を傷つけてしまったり、肌荒れがおきているとその部分は避けて施術されてしまうので注意しましょう。

 

そうしたことがないように肌が傷つきにくい電動シェーバーがおすすめです。また、毛抜きや除毛クリームではムダ毛の黒い部分がなくなってまい、フラッシュ脱毛の光が反応しなくなってしまうので脱毛を断られてしまいます。

 

自己処理の肌トラブルだけでなく、自己処理の方法にも注意しましょう!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

銀座カラー料金徹底比較に関する画像

 銀座カラー料金と他社を徹底比較

 

全身脱毛サロンを選ぶときに大事な料金。人気の銀座カラーと他のサロンの全身脱毛の料金を徹底比較