家庭用脱毛器の選び方と脱毛器によって変わる脱毛効果

銀座カラー料金

家庭用脱毛器を選ぶポイントや効果を解説

 

家庭用脱毛器の選び方で大切な3つのポイントに関して詳しく説明している画像

 

1.家庭用脱毛器の選び方で大切な3つのポイント

 

現在では家電量販店、通信販売などでたくさんの家庭用脱毛器を見かけるようになりましたが、これだけたくさんあると『いったいどれを選んでいいのか?』、『何を基準に選んだらいいのか?』このような疑問が出てきてしまいますよね...

 

そこで!ここでは数ある家庭用脱毛器から本当に役立つ脱毛器を選ぶためのポイントを3つにまとめてみたので、これから家庭用脱毛器を買おうと思っている人は必見ですよ!

 

 

 

1-1.照射範囲が広いものを選ぼう

 

 

照射範囲が広いとさまざまなメリットがあります。

 

家庭用脱毛器での場合、一度に脱毛の光を照射できる範囲(広さ)に差があります。

 

時間

照射漏れ

照射範囲が広い脱毛器

短い

おきにくい

照射範囲が狭い脱毛器

長い

おこりやすい

 

 

照射範囲の広い脱毛器ならケアの時間も短くてすみますし、1度の照射で広い範囲に光を当てられて、光が当たってないところ、いわゆる『照射漏れ』がおきにくいメリットがあります。

 

照射漏れが起きてしまうと、その部分のムダ毛はどんどん伸びてきてしまいます。また、照射漏れを気にして同じ場所に何度の光を当ててしまうと、肌に大きな負担がかかってしまい、肌の乾燥や肌荒れと言った『肌トラブル』に発展しやすくなってしまいます。

 

肌トラブルを回避するためにも照射範囲の広い脱毛器を選びましょう!

 

 

 

1-2.使用できる部位が多いものを選ぼう

 

 

顔や、VIOの脱毛ができない脱毛器もあります。

 

脱毛器によって脱毛できる部位には差があり、脱毛器を選ぶときには自分の脱毛したい部位の脱毛ができるかどうかが重要です。特に顔やVIOの脱毛ができない脱毛器が多いので、その部分の脱毛をしたい人は脱毛範囲を必ず確認しましょう。

 

また、VIOはデリケートゾーンと言われるほど敏感な部位です。脱毛器によっては痛みが強いものもあるので、出力を何段階にも調整できるかといったこともしっかりと確認して買うようにしましょう。

 

脱毛範囲が広くて、出力調整のできる脱毛器を選びましょう!

 

 

 

1-3.消耗品なども考えて選ぼう

 

 

本体が使い切りタイプかも確認しましょう。

 

家庭用脱毛器の場合、消耗品として一番に考えられるのが『カートリッジ』です。カートリッジを交換することで何度でも使える脱毛器がありますが、カートリッジは5,000円〜7,000円するので、買おうとする脱毛器では何回照射したらカートリッジ交換になるのかをしっかりと確認しましょう。

 

また、脱毛器の中には『使い切りタイプ』のものもあります。どんなに本体が安い脱毛器でも、使い切るたびに本体を買い換えていたら結局はお金がかかってしまうので注意しましょう。

 

消耗品の交換頻度も少なく、使い切りではないものを選びましょう!

 

 

 

2.脱毛の効果は脱毛器の種類によって変わる

 

家庭用脱毛器の選び方がわかったら、今度は脱毛効果についてです。

 

しかし、一口に家庭用脱毛器と言っても、大きくわけて3つの種類の脱毛器があることを知っていますか?実は脱毛器の種類ごとに脱毛方法は違っていて、それが効果にも大きく影響しているんです。ここではそんな脱毛効果を決める3つの脱毛器を詳しく見ていきましょう!

 

 

2-1.バランス型の『フラッシュ脱毛型』

 

 

メリットが多くて使いやすいタイプです。

 

フラッシュ脱毛型の脱毛器は簡単に言うと脱毛エステサロンと同じ方法で脱毛できるものです。もちろん家庭用に出力は落としてありますが、効果の高いものだと、2週間に1度のペースで使えば5回前後でムダ毛が少なくなり、生えてくるムダ毛も細くなり、色も薄く目立たなくなります。

 

またこのタイプは照射範囲や、脱毛範囲が広いものが多く、消耗品を交換すればいつまでも使えるものが多くなっています。本体も20,000円〜70,000円と値段の幅が広いものの、本体価格が高いものほど照射範囲なども広く、消耗品の交換頻度も少なくなる傾向があります。

 

フラッシュ脱毛型なら照射範囲、脱毛範囲などメリットがたくさんあります!

 

 

 

2-2.効果は高いがデメリットもある『レーザー脱毛型』

 

 

脱毛効果は一番高いタイプですが、いくつかデメリットがあります。

 

レーザー脱毛は医療クリニックでおこなわれている脱毛方法で、サロンのフラッシュ脱毛よりも高い効果があります。もちろん家庭用の場合はクリニックほどの出力は出せませんが、2週間に1度のペースなら、2、3回でフラッシュ脱毛型と同じくらいの脱毛効果を実感することができます。

 

しかし、レーザー脱毛型の場合はフラッシュ脱毛型と比較して照射範囲が狭く、なにより脱毛するときの痛みが気になります。出力を一番下げた状態でもワキやVIOといったムダ毛の太い部位では痛みが強く、肌が敏感な人には使いづらいタイプかもしれません。

 

レーザー脱毛型は高い脱毛効果がある反面、照射範囲が狭くて痛みがあります!

 

 

 

2-3.脱毛と言うよりも除毛の『サーミコン型』

 

 

サーミコンとは熱線という意味です。

 

サーミコン型の脱毛器ではムダ毛を挟んで焼き切るといった方法によりムダ毛を処理します。そのため、ムダ毛の本数自体を減らしているわけではないので、脱毛と言うよりも『除毛』と言った方が効果とすれば正しい言い方かもしれません。

 

しかし、『挟んで焼き切る』と言う方法だけに、熱線に触れて火傷する以外での肌へのダメージはありません。同じムダ毛の処理でもカミソリのようにカミソリ負けをしたり、毛抜きのように肌が引っ張られて痛いと言うことはなく安心してムダ毛を処理できます。

 

サーミコン型は除毛になってしまいますが、肌にダメージを与える心配はほとんどありません!

 

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

銀座カラー料金徹底比較に関する画像

 銀座カラー料金と他社を徹底比較

 

全身脱毛サロンを選ぶときに大事な料金。人気の銀座カラーと他のサロンの全身脱毛の料金を徹底比較

 

 

 

 

家庭用脱毛器の選び方と脱毛器によって変わる脱毛効果│銀座カラー料金徹底比較記事一覧

脱毛器のIPL方式についてその言葉を聞いたことがある方もいると思います。脱毛や脱毛器について調べたことがある方ならば、この言葉に行き着いた確率は高いことでしょう。IPL方式のIPLとはそもそも何かというと、Intense Pulsed Lightの頭文字をとった略称です。直訳すると強烈で瞬間的な光といった感じでしょうか。ともあれこのIPL方式において最も脱毛効果を発揮する対象となるのは成長過程にあ...

1.家庭用脱毛器の3つのメリットひと昔前までは脱毛と言うと『脱毛エステサロンに通うのが当たり前』となっていましたが、現在では家電量販店やテレビCM、通販などで多くの家庭用脱毛器を目にするようになり、『サロン並みの脱毛効果』をうたった商品も多くなってきました。ここではそんな優れた脱毛効果のある家庭用脱毛器のメリットをサロンと比較しながら考えていきたいと思います。1-1.何より料金が安い1度購入してし...